忍者ブログ
環境と健康について考えていきます。エコロジーとロハス。まずはブログを使って情報を集め整理してみることにしました。
「排出権」という何とも経済学的というか政治的というか、先進国のエゴというか、複雑な気持ちにさせられる記事が日経のECO JAPANに出ていました。

どこの国が排出権を売り出すのかとかは秘密なんですね、きっと。なんか国連が仲介する養子縁組みたいな感じ。排出権については、詳しく調べて、また書きます。

----------
排出権の「現物」を三菱UFJ信託が一番乗りで販売 (2008/01/04、NBonline)

 三菱UFJ信託銀行が、12月25日から排出権信託商品の販売を開始した。12月25日から1月17日までを募集期間とし、5万トン分の排出権信託を販売する。先着申し込みでの販売となるが、完売の見込みだという。同社では、2008年3月末までに、さらに15万トン分の排出権信託の提供を計画している。

中央三井信託銀行、みずほ信託銀行なども排出権信託の提供を発表しているが、「実際に販売するのは日本で初めて」(三菱UFJ信託銀行)となる。京都議定書の約束期間の開始を来春に控え、排出権が買いやすくなってきた。

これまで複数の信託銀行が排出権信託の提供を発表しながら、実際の販売が始まらなかったのは、日本に排出権の現物がなかったためだ。大手企業などによる排出権取引は、すべて取得する権利の取引であり、現物が購入できる保証はなかった。

「状況を理解した大手企業なら権利ベースの取引でも問題ないが、信託商品として提供するためには、確実に購入できる現物を使わないと理解を得られない」(三菱UFJ信託銀行フロンティア戦略企画部デベロップメントグループの相幸子主任調査役)。排出権信託の販売が、なかなか始まらなかったのには、こうした事情があった。

当初の計画では、2007年春にも国連と日本を結ぶ取引システムが整備され、現物が手に入るはずだった。しかし、作業は約半年も遅れ、11月中旬にようやく完了。ついに販売にこぎつけたわけだ。

今回、三菱UFJ信銀行がまず販売する排出権は、三菱商事が韓国のフロン回収破壊事業で得たものである。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
81  80  79  78  77  76  75  74  73  72  71 
GoogleAds
カレンダー
10 2017/11 12
2
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD
 
役立つサイトを無料で作る方法



1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/

プロフィール
HN:
blackcoffee
性別:
男性
職業:
学校広報
趣味:
JAZZ鑑賞、写真、木工
自己紹介:
好奇心が旺盛です。でも熱しやすく冷めやすいかも。
フリーエリア
Ads


【私の他のサイトへのどうぞ】
ツリーハウスガイド

ブックカフェ

コーヒーワンダーランド

コーヒーパラダイス

コーヒー大好き

ソーシャルメディア

バルガス・リョサ

ブログ内検索
QRコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]