忍者ブログ
環境と健康について考えていきます。エコロジーとロハス。まずはブログを使って情報を集め整理してみることにしました。
環境goo

環境gooでは、様々なテーマに基づいた読み物系コンテンツ及び、環境用語を網羅的に調べることができる「環境について調べる」というコンテンツをご用意しています。

「環境について調べる」では環境問題を8つのカテゴリに分割しワードごとに詳しく解説しています。
検索方法は、カテゴリに沿って探したり、カテゴリが不明な場合は50音順/アルファベットでも検索が可能です。
お探しのものが見つからない場合は、上部の検索窓にワードを打ち込んで検索してください。  


とても力が入っています。最近面白かった記事は ↓ かな。

温室効果ガス25%削減へ!ここが変わる!温暖化対策 ~キーパーソンは語る - ストップ!地球温暖化特集 - 環境goo

飯田哲也さん

飯田哲也さんへのインタビューです。(新政権の温暖化問題閣僚委員会タスクフォース会合の有識者委員)




拍手[0回]

PR
宮崎学写真館 森の365日 ↑ 環境サイトとしてよくできています。 サイト作りの参考にしたいとおもいます。 動物ネタは迫力があります。

拍手[0回]

空から見る地球の現実 ― 映画「HOME」、世界環境デーに一斉公開 2009年06月04日 エコトレンド - ニュース - 環境goo

いよいよ今年も6月5日の「世界環境デー」、そして「環境の日」がやってきた。世界各地でさまざまな取り組みや催し物が実施される中、地球環境の美しさと環境保全の重要性を訴えるドキュメンタリー映画を全世界で同時公開する非営利イベントが行われる。その作品の名は「HOME 空から見た地球」。映画館での上映はもちろん、テレビ、DVDなど多様なメディアを通じて世界88カ国で一斉公開されるというから驚きだ。
公式サイト:HOME~空から見た地球

拍手[0回]

少し趣向を変えて環境を考えてみます。
というのは仕事が忙しくて、考える暇もないので気になるサイトをクリップしておこうと思った次第です。

植物が好きなので少し気が滅入ると散歩に行って草花をみます。

昔は本当に草花が好きだったのですが、あるときから樹木が好きになりずいぶんと図鑑を買込んで名前を覚えました。

という話はまたするとして今日見つけたサイトは

日立の樹オンラン

というサイト。
そうあの気になる木のサイトなのです。

見ているだけでいやされます。壁紙やスクリーンセーバーもあります。

そのほかの樹木サイト

植栽データ図鑑

かのんの樹木図鑑
いしかわ 樹木図鑑
木の素材集  サイバー木図鑑

杜の哲人~もりで遊ぼう!~

拍手[0回]

エコロジーシンフォニー / EcologySymphony
環境ニュースやイベント・活動紹介のポータルサイト。
仕事の関係で大学の環境・社会・CRSの報告書データベース
というページに関心を持った。

拍手[0回]

3R政策(METI/経済産業省)
ごみイラスト素材集のページ

Best of DesignWorks 2007: DesignWorksというところの2007/12/31の記事。なのだが、これはこのブログの年間でアクセスの多かった記事を紹介したもの。その中で、私の目を引いたのが下の記事。

経済産業省が提供する「ゴミイラスト素材集」: DesignWorks


とにかく何かに役立ちそうだから紹介することにした。

自由自在に使えるカット&イラスト集

自由自在に使えるカット&イラスト集

価格:1,575円(税込、送料別)






拍手[0回]

作戦の12/19に環境gooのイベントカレンダーがリニューアルし、使いやすくなったようです。

今年はいろんなイベントに積極的に参加しようと思います。

環境goo イベントカレンダー

前に紹介した
おまかせ・おこのみ・おすすめ イベント検索
atsign

もイベントを探したり、登録したりするのに便利ですね。

拍手[0回]

環境省サイト
環境省へようこそ!

上記が環境省のホームページへのリンクです。私はブラウザにFirefoxを使っていますので自動的にタイトルとURLをコピーするプラグイン(firefoxではアドオン)URL+というのを使って取得しました。環境省のホームページのhtmlのTitleは「環境省へようこそ!」となっているのですね。お役所もずいぶんと変わったなと感じます。

他の省庁よりはユーザーフレンドリーになっていると感じます。実は官庁のデータや施策というのはやはり押さえておくべきものです。書籍などでのデータも官庁のデータが使われていたり、あるいはその孫引き、まごまご引きだったりすることが多く、そうした伝言ゲームの中でいつの間にやら間違いや勝手な解釈が入ったりします。引用する際は元のデータにあたるが鉄則ですよね。

政府が一番情報を持っているわけで、そして国民は知る権利を持っているわけです。政府のデータの活用はもっとされるべきだと思いますが、とにかく迷路のようでわかりにくいのが、省庁のホームページです。私は仕事柄(学校広報)文部科学省のホームページにアクセスして情報を探すことがありますが、本当に探し当てるまでに一苦労です。もちろん検索エンジンでキーワードを使いますが、サイト内のどこにいるのか迷うことがしばしばです。

その点環境省のホームページはよくできた方だと思います。これから度々訪問してユーザービリティをチェックしてみようと思います。そのレポートもシリーズでやろうかとも考えています。

今回ひとつ思ったことは、このサイトと関連リンク先をみると、いま政府がどういう団体や人物を環境問題のキーパーソンと考えているかがわかります。何かイベントやアピールをするときには、そういうキーパーソンをリストアップしておいて広報先に入れておくと効果的かと思われます。やろうかな。

<追記>
官庁データを読み解くということについて週刊ダイヤモンドに野口悠紀夫さんが連載中記事が役に立ちます。オンラインでも読めますので紹介しておきます。

官庁という迷宮サイトから情報を得る方法
|野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道|ダイヤモンド・オンライン

拍手[0回]

1  2  3 
GoogleAds
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD
 
役立つサイトを無料で作る方法



1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/

プロフィール
HN:
blackcoffee
性別:
男性
職業:
学校広報
趣味:
JAZZ鑑賞、写真、木工
自己紹介:
好奇心が旺盛です。でも熱しやすく冷めやすいかも。
フリーエリア
Ads


【私の他のサイトへのどうぞ】
ツリーハウスガイド

ブックカフェ

コーヒーワンダーランド

コーヒーパラダイス

コーヒー大好き

ソーシャルメディア

バルガス・リョサ

ブログ内検索
QRコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]