忍者ブログ
環境と健康について考えていきます。エコロジーとロハス。まずはブログを使って情報を集め整理してみることにしました。
※ヒスタミンの分泌を半分に抑えられれば花粉症の症状は出ないかも。

※その分子を肥満細胞にどのように届けるのかなと思って記事を読んでみると分子自体は肥満細胞の細胞膜上にあり、それがなんらかの刺激で活性化するようです。細胞膜の中から外にヒスタミンが放出されてアレルギー反応を起こすわけですが、その分子が活性化するとヒスタミンなどのアレルギーを起こす物質の放出が抑えられるようですね。

※よくわかりませんが抗原抗体反応のブロックとは違う仕組みなのでしょうね。
----------
03:10 47news (47NEWS)
アレルギーの抑制分子を発見 筑波大教授らが発表

http://wur.la/twkSM


花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの発症を抑える分子を突き止めたと、渋谷彰筑波大教授(免疫学)らが6日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。 

渋谷教授は「この分子の活動を強める薬を開発すれば、アレルギーを抑える根本的な治療につながる」と話している。 

渋谷教授らによると、花粉やダニなどのアレルギーの原因となる抗原が体内に侵入し、「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が出る。 

渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が肥満細胞の活性化を抑えると予測し、人間の肥満細胞の細胞膜上で、この配列を含む分子を特定した。この分子に刺激を加えると活性化し、肥満細胞から放出される化学物質は約半分に抑えられた。





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
286  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276 
GoogleAds
カレンダー
06 2017/07 08
2
15
18 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AD
 
役立つサイトを無料で作る方法



1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/

プロフィール
HN:
blackcoffee
性別:
男性
職業:
学校広報
趣味:
JAZZ鑑賞、写真、木工
自己紹介:
好奇心が旺盛です。でも熱しやすく冷めやすいかも。
フリーエリア
Ads


【私の他のサイトへのどうぞ】
ツリーハウスガイド

ブックカフェ

コーヒーワンダーランド

コーヒーパラダイス

コーヒー大好き

ソーシャルメディア

バルガス・リョサ

ブログ内検索
QRコード
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]